カオカ遺跡を北西に抜けて荒野に出た。
 さっきまでは廃墟の壁に視界を遮られていたが、いまや起伏の少ない丘陵がどこまでも広がっている。見渡す限りの枯草色の土地に無数の石が点在し、ところどころ岩場がむき出しになっている。遥か彼方の稜線には、苔が生えたように見える森の遠景が始まっている。
 何年も冒険者稼業をしてきたが、わざわざ森に行くのは初めてかもしれない。思えば、コボルトの耳を取って幾ら、裏山に巣食ったツノムシを退治して幾らというような頼まれ仕事を追いかけ回した日々であった。


 人馬の通り道らしい一筋の白茶けた道を歩きながら、振り返って二人の様子を見た。
「この分なら日が陰る前にカオカ櫓まで着きそうだな」
 地平を眺めていたフィアがこちらに向き直った。風は強くないが、遮るものが何も無いので髪が揺れている。
「そうね。道が平坦だから助かるわ」
「こんなところ誰も来ないと思ってたけど、何となく道になってるんだね」
 ルメイが首を上げて先を見通しながら言った。
「櫓には人が詰めてるから、物を運ぶ人たちがいるわ」


 ルメイが首を傾げる。
「それこそ山賊に襲われないのかね」
「金目の物が無いからね。それに見れば判るけど、櫓は小さな砦みたいな造りよ。櫓の人たちは武器を持ってて、真っ先に山賊現るの知らせを出せる。ザックの小屋まで櫓の灯りが届くんだけど、あそこでは賞金稼ぎたちが寝ずの番をしてるのよ」
「イルファーロまで届くのか」
「届くわよ。カオカの櫓はカオカとイルファーロ、それにデルティス北部と森の南部を守備範囲にしてる」
 ルメイが驚いた顔をしてフィアを見返した。
「オオルリコガネの狩場からも見える?」
「晴れてる日に、高い所に登れば」
「そうか。それはいいな」


 景色は相変わらず荒地ばかりが続いている。
 二人の話を聞いていて、焚き木の灯りが届くだけで何の役に立つ、という思いが浮かぶが黙っている。街から離れていても山賊の動向や王国の話題を知れるのは確かに良いだろう。だが情報を受け取るだけの一方通行で、しかも数日遅れではないか。
「それにしてもなんだって呪いの森なんか行こうと思ったんだい」
 ルメイが背嚢の肩帯を大儀そうに担ぎ直しながら大声で問うた。その質問には興味があるのでフィアの様子を見る。
「初めは人探しだったんだけど……」
 ルメイが意外そうな顔をした。
「人探しって、誰を探してたの?」
 フィアは俯いた。そして小さな声で答える。
「生き別れた家族、かな」
 フィアは目を伏せたまま歩いている。根掘り葉掘り聞きづらい雰囲気になった。ルメイがそっとフィアを見る。
「それで、会えたの?」
 フィアは顔を上げ、首を振ってうっすらと笑い、見ての通りよ、と言いたげに手の平を見せた。
「いいえ。森にはいないみたい」


 その生き別れた家族は何から逃れようとしたのか。
 少なくともフィアがそう思う理由があったのだ。そうでなければ人里離れた森へ探しに行く筈がない。どんな事情かは知らないが、フィアがずっと一人でいた事と関係があるのかもしれない。
「呪いの森で人探しをしてても金にならないけど、資金は大丈夫だったの?」
「冒険者協会の依頼で稼がせてもらってた」
「なるほどなあ。フィアは狩人だものな」
 フィアはそれなりに腕の良い冒険者だったようだ。馴染の宿がイルファーロにあるということは、割りの良い依頼を次々とこなしていたのだ。
「それに、ちゃんと探せば何かしらは有るものよ。途中で通る河原ではメノウや孔雀石が拾える。香りの強いカモミールが自生してる林だってある。深入りするのはやめちゃったけど、薬草もあったわ。どれも街まで持って帰れば幾らかで売れる」


「そういえば俺たちはほとんど探索ってしなかったよな」
 ルメイが急に話を振ってきた。
「二人組だったからな。コボルトの耳ばかり追い求めてた感はあるな」
「冒険者協会の依頼は受けなかったの?」
 フィアに訊かれて答に窮する。
「ああ、まあな」
 本当の理由は言いづらい。俺は手配されているから、依頼を受けるたびに名前を書かされるのが嫌だった。俺はこの街に流れ着いたときからセネカを名乗っていて、今さら別の名を使ったら怪しまれる。依頼を取り仕切ってる会長のドルクとは顔を合わせるのも避けていたくらいだ。それに仕事を斡旋されるというのはあまり好きになれない。


「俺と組む前は、大所帯のパーティーに参加してたんだろ?」
 ルメイが何の屈託もなく訊いてくる。パーティーにフィアが混じって少しずつ身の上話をするようになってきた。
「さっき二枚岩のところで会ったウィリーとは長いこと一緒のパーティーにいたよ。フィアに会う直前に酒場で話したロニーも一緒だった」
 かつてのパーティー狩りを思い出して懐かしい気持ちになる。
「どんな依頼を受けるかはロックって名の剣士が決めてた。ロック隊長って綽名でな。どこまでも突き進むリーダーだったよ。俺たちは付いて回るだけだった。初めてカオカに入った時も、既にメンバーが知ってる狩場だったから探索って雰囲気は無かったな」


 フィアがじっと俺を見ている。どうして冒険者協会の依頼を受けないのかと訊かれるかと思ったら、ふいに笑顔になった。
「オオルリコガネの狩りが軌道に乗ったら、依頼なんて受けなくても食べて行けるよ。ほら、櫓が見えてきた」
 フィアが指差す方を首を回して見た。
 なだらかな丘が続いていたのが、左手が高い崖になっている。茶色い荒地から突き出した黒っぽい岩場だ。崖は荒地から山岳へ切り替わる境目に、横たわる巨人のように切り立って続いている。そのせり出した辺りに、遠目には塔のように見える櫓が高々と組んである。
「うわあ、思ってたよりでかいな」
 カオカ櫓を初めて見るルメイが思わず立ち止まった。


 近付くにつれて櫓の大きさがはっきりとしてくる。
 櫓の基部から四本の柱が立ち上がり、交差する筋違が連なってそれを支えている。柱の間隔は二十歩以上はある。途中、床を張って四方を壁で塞いだ一画があり、そこが室になっているようだ。室の外壁に跳ね上げ窓が見える。最上部の壁は回転させることが出来るようになっている。それを開閉させて外に出る光量を調節する仕組みらしい。
 櫓の頂点は薪を組む炉になっている筈で、三角の屋根を伏せて置いた頂上付近は煤で真っ黒に燻されている。崖の上に立つ櫓の頂上まで登れば、周辺を一望できる高さだろう。


 櫓の大きさに圧倒される思いで歩いていくと、崖下に二人の男がいるのが見えた。一人は若い男で、栗色の頭髪を短く切り揃え、丈の短い水色のチュニックを着ている。腰ベルトに革の物入れを提げ、ブーツを履いている。野山を軽快に歩き回るのに適した格好だ。
 もう一人は浮かし紋様のはいった革の胴衣を身に着けている。盾は持っていないが、短剣を腰に吊るしている。肩から腰まで届く黒いマントを付けていて、これは衛兵の装束だ。齢四十を越えた感じの痩せた男で、台車に乗せた灰をシャベルで掬って穴に捨てている。人が二、三人は乗れそうな引手付きの大きな台車だ。櫓の上から灰を運び下ろして捨てているのだろう。


「やあ、あんたたち。冒険者かい?」
 水色のチュニックの男が、近づいてくる俺たちに向かって手を上げた。明るく伸びやかな声をしている。灰を捨てていた衛兵も俺たちに気付いてシャベルを地に刺し、把手に両手を置いてこちらを眺めた。
「冒険者とは久し振りだな」
 こちらの男はしわがれ声だ。様々な経験を積んできたことが一目でわかる顔をしている。柔和な表情を浮かべているが、隙のない目付きをしている。俺は敢えて呑気そうに笑顔を作った。
「冒険者協会に登録をしているセネカという者です。こちらはルメイ、そしてこちらはフィア。探索の途中です」
 水色のチュニックの男がすっと前に出てきて手を差し出すので、俺は小手を取ってその手を握った。
「イルファーロ通信組合のウァロックです。お見知りおきを」
 俺はウァロックと握手をし、ルメイとフィアは目礼した。ウァロックは黙っている衛兵を手で示した。


「こちらはカオカ櫓の守備隊長、コルホラさん」
 櫓に守備隊がいるのを初めて知った。コルホラ隊長が片手をシャベルに乗せたまま右手を出してきたので、彼とも握手をした。
「よろしく」
 コルホラと紹介された男が細い目をさらに細めて微笑を浮かべた。握った手は筋張って硬い。荒地を吹く風を思わせる乾いた声には若者を黙らせる年長者の趣がある。彼はそれを自分でも知っているらしく、努めて柔らかい態度をとっている。近衛の年嵩の隊長たちにこういう人が何人かいた。怒らせたら一番怖い人たちだ。
「見ての通り何もない土地だが、この辺りで何か依頼が立ったかな?」
 コルホラ隊長が荒野の方へ視線を泳がせてから訊いてくる。ありのままを答えなければ怪しまれるだろう。
「依頼じゃないです。森の方まで探索する予定だったのですが、ちょっと遅くなってしまって。この辺で野営できる場所を探してたところです」
 西の空を見上げるが崖に遮られて天頂付近しか見えない。目を転じて荒野を眺めれば、午後の弱い光が丘陵の連なりを照らしている。


「ほう。森をな」
 コルホラ隊長が探るような目をして俺を見ている。妙な間が出来た。隊長の黒いマントが風に靡いてパタパタと音をさせている。助け船を出すつもりでルメイが割って入った。
「カオカで山賊に会って、ここまで来るのが遅れたんです」
 ウァロックが顔を上げて気色ばんだ。
「ちょっと話を聞かせてもらってもいいですか?」
 ウァロックは通信組合の人間だと名乗っていた。やり取りに気を付けねばならない。新聞に俺の名が出るようなことはなんとしても避けたい。ルメイに喋らせていたら駄目だ。


「俺たちが奇襲されたわけじゃないですよ?」
 ルメイが何か言おうとするのに被せて大声を出すと、ウァロックがさっとコルホラ隊長を見た。コルホラ隊長はしかめ面で見返した。ウァロックが小声で「今日の便に間に合う」と言うと、隊長は軽く身を捩った。
「冒険者の皆さんは野営の準備をすると言っているぞ。わざわざ話を聞き出しても、どうせ街に詰めてる奴が先に記事にするだろうよ」
 どうやらコルホラ隊長は俺たちを厄介払いしたいようだ。しかしウァロックは食い下がってくる。
「場所はどこです? カオカというと、二枚岩の辺り?」
「そうですよ」
 仕方なく答えると、コルホラ隊長が大きな声を出した。
「この灰はどうする積りだ!」


 ウァロックが腰の物入れから手帳を取り出そうとしていた手を止め、地に刺したシャベルに両手をかけているコルホラ隊長を見た。隊長は台車に山積みになっている燃えさし混じりの灰を見下ろしている。ウァロックは俺の方を向いてきっぱりとした感じで指を一本立て、「ちょっと待っててもらえますか?」と言った。俺の目を見ているはしばみ色の瞳に力が入っている。
「いいですけど」
 年若い記者の熱意に折れて笑ってしまう。ウァロックは腕まくりをして猛然とシャベルで灰を掬い、穴に放り込み始めた。コルホラ隊長も灰を掬いながら背中で声をかけてくる。
「旅の人たち、すまんな。言い出したらきかない男でね」
 俺は車輪のついた台車の向きを変えて彼らが作業しやすくしてやった。こちらからお願いしたいこともある。櫓の地上付近はここからでは見えないが、おそらく柵で囲まれている筈だ。出来たらその敷地の中で野営したいものだ。
「すまんな、手伝ってもらって」
 コルホラ隊長が礼を言う。怒ると怖い人は、もしかして恩義に厚い人かもしれない。


 シャベルが台車の床面を擦る音が響く。
 勢いよく落とされた灰はわずかな風を受けて舞い上がり、穴の縁を白く染めている。灰を満たすたびに塞がれた穴の跡が周囲に点々と残っていて、改めて見ると断崖の立ち上がりは余所より灰色がかっている。櫓では相当の量の薪を使うようだ。
 背後でドサッという音がしたので振り返ると、ルメイとフィアが背嚢を地面に置き、そばにあった大きな石に二人して腰をかけている。ルメイは首を傾けて骨の音を鳴らし、肩をぐるりと回した。俺も道の脇に背嚢を置きながら、途中で休憩を取るべきだったなと思う。ツノムシ狩りの後に山賊騒ぎもあって、走り回った日であった。フィアはルメイの背中を椅子代わりにして背を預けながら、高々と水筒を仰いで喉の渇きを潤している。


 ようやく灰が残り少なくなったので台車の引手を持ち上げて傾斜をつけた。
「ありがとう。もうすぐ終わる。こんな所で立ち話もわるいから、上にあがって少し休んでいったらいい」
 最後の灰を掻き取りながらコルホラ隊長が言った。
「それはありがたい」
 敷地に入れてもらえるようだ。もしかして野営地の件も認めてもらえるかもしれない。作業を終えた二人がシャベルを台車の上にガランと投げた。ウァロックが俺から台車の引手を譲り受け、崖に回り込む坂道へ進み出る。
「こちらです、皆さんどうぞ」
 ルメイとフィアが立ち上がって背嚢を担いだ。俺も荷物を取って台車の後ろにつき、両手でそれを押し上げた。そうして、緩やかな坂道にそってつづら折に斜面を登った。


→つづき

戻る