廃墟の壁を午後の陽が照らしている。
 サッコとオロンゾを取り逃した俺たちは、カオカ遺跡の入口にある林の前に集まることにした。二枚岩の周辺に立ち込める血の匂いを嗅ぎながら、冒険者の死体と山賊の死体を皆で手分けして運んだ。死体にはすでに蠅がたかってきていたので、生き残った者で手早く埋めてやらねばならなかった。
 特に初めに殺された剣士二人は状態がひどく、眠気を誘うような蠅の羽音に包まれている。俺はちょうど彼らのうちの一人を、それも脇に手を回して頭の側を運ぶことになったので、蠅を手で払いのけようとした。しかしクロバエが後から後から寄ってきて追いつかないので、すぐに諦めた。


 死体を運び終わってやっとルメイとフィアに合流した俺は、二人の肩に手をまわして背中を叩いた。重装備のサッコと戦ったルメイの肩はこわばっている。フィアの細い肩を抱くと、山賊と戦ったのが信じられない気がする。フィアの目にはまだ緊張が残っていた。
「無事で良かった」
 二人とも黙って頷く。フィアは振り向いてカオカ遺跡の壁を見上げた。さっきまで天頂にあった太陽は少し傾いて東向きの壁に影を落とし始めている。早目に出発しなければ今日は無駄に終わってしまうだろう。しかし仲間の死体を放っておくわけにはいかない。


「一応聞くが、蘇生師か治療師はいないか?」
 ドゥッテの手当てをしていたスミスがその場に集まっていた者たちに声をかけた。しかし呼びかけに誰も答えない。見渡せばおのずと判る。ここに集まっているのは剣を振り回すしか能がない冒険者ばかりだ。力任せに戦うのが役割でないのは、わずかに罠師のフィアと釣り役のマシューくらいのものだ。
 有難い治療魔法はマナを操れる種族でなければ自由にならず、普通はエルフやノーム、ドワーフ、ポークルといった種族が担当する。彼らがめっきり減ったこの東岸地方では、治療師はほとんどお目にかからない。治療師を同行させているのは高度な依頼をこなしている第一級の探索パーティーか、或いは王侯貴族の軍隊くらいのものだろう。


 蘇生師となるとさらに得難い。
 一番近くにいる蘇生師はクォパティ寺院にいるエルフの高僧たちであろうが、祭壇を設営したり秘薬を調合するのに大金がかかり、それを支払える冒険者はまずいない。仮に大金を払って儀式を行っても蘇生する保証はなく、死体の損壊が激しいほど、死亡してから時間が経過するほど、蘇生率は低くなる。
「せめて薬草を扱える者はいないか」
 スミスの問いに、フィアが懐中から薬草と包帯の束を取り出して手を上げた。フィアはドゥッテの腹の傷を水筒の水で洗うと、スミスが持っていた針と糸で縫合を始めた。何人かに手足を押さえられていたドゥッテは、低い呻き声をあげてのけ反った。


「他の者は道具を貸すから穴を掘ってくれ」
 賞金稼ぎの二人が馬の鞍に縛り付けてあったシャベルを取って貸してくれた。死体の処理をする機会が多いのだろう。因果な商売だ。
 冒険者の死体は二体。
 二枚岩でコボルト狩りをしていたジェラールのパーティーの剣士で、サヴィーノとアンドレアといった。遺族を知る者は誰もいなかったが、とりあえず髪を一房切り取って紙に包み、リーダーのジェラールが持つことにした。武器も防具も、肌身離さず持っていた財布もサッコとオロンゾに奪われていた。


 二人の死体は林の脇に掘られた穴に埋められ、土を盛られた。
 スミスが大きめの瓦礫を運んできて、大声で綴りを確かめながらチョークで名前を書いた。足跡をつけないように気を付けながら、それをこんもりと盛った土の真ん中に据える。それだけでなんとなく墓に見えた。スミスが頭を垂れて拳を胸につけたので、俺たちもそれにならった。弔いはそれだけだった。
 冒険者の最期はあっけない。今朝まで盛大に飯を掻き込み、冗談を言って大声で笑っていたであろう壮健な男が、いまや土の下だ。あの時オロンゾの剣を受け損なっていたら、俺もこの穴に埋められていたのだ。


 山賊の死体は四体。
 これはスミスが検分した。人相書きを綴った帳面を持っていて、それをめくりながら手配された者がいないか確かめている。スミスには思い当たる節があるらしく、検分に時間はかからなかった。
「賞金首が二人もいるぞ」
 冒険者たちにどよめきが広がり、皆寄ってきた。スミスが死体の顔を指差しながら説明する。
「若いの二人は見たこともないが、こっちの顔を殴られてる奴は鷲鼻のウーゴだ。懸賞金は金貨五枚」
 頬からこめかみまで裂けて赤黒くなっている山賊は、俺がポンメルで殴りつけた奴だ。言われてみればワシのような立派な鼻をしている。誰が仕留めた? とスミスに問われ、メイローがすっと手を上げた。
「こっちの奴は皮剥ぎのマカリオ、金貨十枚。こいつに恨みがある奴はゴマンといるぜ」
 年をとった山賊が二人とも賞金首であった。誰が止めを? と問われて、やはりメイローが手を上げた。


「あんた凄いな。俺たちでも手こずる相手だぜ」
 スミスが片方の口の端をぐいっと上げて笑い、メイローのがっしりとした肩を叩いた。赤い顎ひげを撫でていたメイローは、首を振ってみせた。
「いや、セネカがオロンゾを抑えていてくれたから──」
「若い山賊の二人はジェラールが仕留めていたぜ」
 メイローが俺の名を出したので、慌てて口を開いた。スミスが手にしている手配者を綴った帳面に俺の名が書いてあるかもしれないと思うと、気が気ではない。賞金稼ぎの二人がほう、と言ってジェラールを見た。ジェラールは顔をひきつらせて俺を見返した。
「俺が倒した二人は賞金首じゃないし、そもそもあんたが──」
「実は俺たちは共闘の約束をしていてな」
 ジェラールの言葉に重ねて大きな声を出すと、ウィリーが助け舟を出してくれた。
「そう言えばそうだった」
ウィリーは付き合いが長いので、俺がこういう時に目立ちたくないことをうすうす判っているのだ。


「皆で分担して戦ったんだよ」
 ウィリーは話に割って入りながら、一瞬だけ俺に物問いたげな視線を向けた。前にも同じような場面があって、夜更けに宿で声をかけられたことがある。目立ちたくない訳でもあるのか、と。
「最初に取り決めしてたんだ。誰が止めを刺したかにかかわらず、懸賞金はリーダーで三等分してからそれぞれ分配しようってな」
 スミスはふんふんと頷いて、そうか、と答えた。それまで黙って話を聞いていた賞金稼ぎのジェフリーが両手を広げて俺たちに声をかけた。鎖帷子の袖がジャラジャラと鳴る。
「今回、俺とスミスは一人もやってない。賞金はお前たちで分けたらいいさ。怪我のひどい男が一人いるが、槍が二本あるから即席の担架を作って街まで運んだらいい。寺院まで運べば手当してくれるぜ。だが交代で運ぶのに四人はいる。やってくれる奴はいるか?」
 ウィリーのパーティーメンバーだったトーリンとメイローがさっと手を上げた。遅れてジェラールとマシューも手を上げる。
「それと、腕を怪我してるあんた、街まで歩けるか?」
 ウィリーがすぐに頷いて答える。
「ああ。歩ける」


 赤い斧が描かれた盾を背負ったジェフリーが、改めて俺たちをぐるっと見回した。
「これから山賊どもを埋めなきゃならんが、こいつらの扱いは俺たちに任せてくれるか?」
 冒険者たちは一様に頷いてみせた。
 ジェフリーの眼光は鋭い。こうして狩場にいる冒険者のパーティーの中に混じれば、今日みたいにすんなりまとまる日は少ないのかもしれない。分け前のことでパーティーメンバーにごねるアルゴンのような男もいる。ああいう奴はわずかでも利害がからめば何を言い出すか判らない。


 ジェフリーはちらっと山賊の死体を見下ろした。今や蠅の羽音は幾重にも重なって響いている。
「こいつらに仲間を何人もやられてる。だが俺たち赤い斧はやられたらやり返す。あんたらも覚えておいて欲しいんだが、山賊どもに安息の眠りはない。絶対にだ」
 ジェフリーの言葉の意味に気付いて暗い気持ちになる。山賊に生まれつく奴はいない。この山賊たちも、元は俺たちのように冒険者のパーティーの中にいた奴らなのだ。ジェフリーが重い口を開く。
「厭な仕事だが、俺はこれから山賊たちの死体を検めて盗まれた金を取り戻す。防具はくたびれていて使い物にならんから一緒に埋めるが、武器は回収する。懸賞がかかってる奴の首は切落として街まで運ぶ。衛兵に渡して、二人ともメイローが倒したと報告する。賞金は一旦メイローに渡されるが、その後は好きに分けたらいい」


 腰に吊るした長剣の柄頭に両手を乗せたジェフリーが、リーダーであるウィリーとジェラール、そして俺の顔を順に見た。
「あんたらが自分で倒したんだ。もし異論があるなら──」
 ウィリーが左手をさっと上げて返事をした。
「助けに駆けつけてもらった上に慣れない仕事を引き受けてくれて有難い話だ。共闘してるリーダーを代表して俺が礼を言う」
 右腕を包帯で首から吊ってはいるが、ウィリーも決して甘い顔はしていない。頭髪をごく短く刈り込んでいて贅肉がないので、話すたびにこめかみが動くのが見える。


「山賊たちのことは賞金稼ぎのあんたらに任せる。山賊の死体から出た金はここにいる全員で山分けしよう。それと山賊たちの武器はあんたらに預ける。売るなり使うなり好きにしてくれ」
 スミスとジェフリーが安心したような顔で頷いた。大勢の前で金の話をするのは度胸がいるが、互いに納得できる線をウィリーが決めてくれたのだ。山賊たちが幾ら持っているかは判らないが、武器はそれなりの値で売れるだろう。山賊を一人も倒してないとはいえ、賞金稼ぎたちが来なければどうなっていたか判らない。下手をすれば全滅していたかもしれないのだ。加勢に来てくれた二人を手ぶらで帰すわけにはいかない。


 ジェフリーが手慣れた手つきで山賊たちの死体を調べた。それぞれ懐に革袋を幾つか持っていて、大きめの瓦礫の上に並べられた。袋はけっこうな重さがあって、置くときにジャリっと硬貨の音がする。
 スミスは山賊たちの武器を集め、ぼろ布で血を拭った。片手剣が二本と両手剣、戦斧の四つの武器を、重さのバランスを取って二つにまとめて縛っている。それを馬の鞍の両側に縛り付けた。手順を尽くす賞金稼ぎたちのやり方を眺めながら、祖父の葬式を仕切った葬儀屋の手並みを思い出した。


 ジェフリーが山賊の革鎧の内側に何かの紙片を見つけて引っ張りだした。破かないように丁寧に扱っている。紙を取り出すと、蠅を手で払いながら目を細め、何が書いてあるかじっと眺めた。ジェフリーが手首だけでぱっと投げ捨てた紙が、風を受けて生き物のように地面を転がった。マシューが足元で止まった紙を拾い上げ、自分でも見たあと、苦笑を浮かべながら皆に見えるように広げてみせた。折った角が擦り切れるくらい古いバロウバロウの版画だ。スミスがふんと鼻を鳴らし、人殺しが信心か、と呟いた。マシューは紙を折りたたみ、地面に横たわっている元の持ち主の革鎧の下に滑り込ませた。
 思わずイルファーロがある方の空を見上げた。
 もちろんそこに龍の姿は見えない。薄曇りの雲の合間から午後の陽が顔を出しているだけだ。そういえば今頃はニルダの火がクォパティ寺院から市長の元へ返されている頃だろう。


 スミスが自分の額と胸に順に指をあてて司祭の真似事をした。
「坊主でも墓守でもない俺が山賊の首を取るぞ。呪わば呪え、受けて立つ。土の下で口惜しい思いをしている同胞たちよ、敵は討ったぞ」
 スミスが鷲鼻のウーゴをうつ伏せにして胸元に大きめの石を据え、髪を掴んで首を持ち上げた。真横に立ったジェフリーが頭上に構えた長剣を振り下ろす。何人かが目を逸らしたが、俺はジェフリーが剣の当たる瞬間に刃を手前に引くのを見届けた。バツンと音がして見事に一刀で首が切れた。どす黒い血がぼたりと落ちて糸を引く。フィアがそっと顔を背けた。


 スミスはウーゴの首を脇に置くと、首のない死体をどかしてそこに皮剥ぎのマカリオの死体を持って来た。この二つの首が金貨十五枚になるのだから、受け取らない手はない。首を切落とすのは難儀だが、死体を二つも運ぶのはさらに難儀だ。確かに厭な仕事だが、こうするより他なかろう。マカリオの首も、ジェフリーが一太刀で切り離した。
 スミスとジェフリーが山賊たちの死体を順に穴に落とした。一人だけ足が穴から出てしまったので脇に手を回して穴の底に納めたりしている。スミスが穴から出ると、冒険者たちがシャベルで次々と土をかけた。やがてこんもりと土が盛られる。そこにスミスが墓石代わりの瓦礫を置いた。見ると、「無法者」とだけ書いてある。


 平らな瓦礫の上に並べられていた山賊たちの革袋をジェフリーが開く。
 袋の底をつまんで全ての硬貨を取り出すと、銀貨が百十九枚、銅貨が四十二枚あった。陽光にさらされて銀貨は白々と光っているが、何枚かには乾いた血がこびりついている。命のやり取りの後に残された代償として十分なのか、なんとも言いようがない。
 ジェフリーが平らな面で株分け配りを始めた。
 算術が出来ない冒険者でも公平に山分けが出来るように考えられた分配法だ。今、この場に十三人いる。賞金稼ぎが二人、ウィリーのパーティーが四人、ジェラールのパーティーが四人、うちが三人だ。まずは銀貨を円形に十三枚配置する。そこに時計回りに銀貨を一枚ずつ足していく。銀貨九枚の山が十一と、銀貨十枚の山が二つ出来た。


 その次に銀貨を配る予定だった山から銅貨を配っていく。銅貨を配り終わったところで、最後に銅貨を置いた場所の次の山をジェフリーが取った。さらに次の山をスミスが取る。一番もらいが少ない山だ。そして働きが少なかったと思う奴から順に硬貨の山を取って行く。俺の手元には銀貨九枚と銅貨三枚が来た。ルメイとフィアも同じだけ取った。最後に残った山、つまり怪我をして立てないドゥッテの分を、預かるぜ、と言ってウィリーが取った。


 スミスは腰に吊るしていた縄で山賊の頭を十字に縛ると、生首を馬の鞍に括り付けた。そのまま鐙に足をかけて騎乗し、手綱を捻ってこちらを向いた。
「街に着くまで安心出来ない。先頭に俺が、殿にジェフリーが付く。怪我人を担架で運ぶのでゆっくり進むが、暗くならないうちに街に戻ろう」
 スミスが先に馬をまわすと、その後ろにドゥッテを乗せた担架を担ぐトーリンとメイローが続いた。ジェフリーも馬に乗る。


 ルメイとフィアが俺の顔を見た。一緒に街へ戻るわけには行かない。
「すまんが俺たちはここで別れる。ここへ来るのに身を軽くしたくて、遺跡の中に荷物を置いてきてる」
 街道に進み始めた一行が振り向いた。
「そうか、それなら仕方ない。急いで来てくれてありがとうな」
 ウィリーが手を振って挨拶してくる。
「お前の分の懸賞金は俺が預かっておく。この次会った時にでも渡すさ」
 ウィリーは信用できるので何の問題もないが、冗談を言いたくなった。
「飲んじまわないようにな!」
 ウィリーたちが笑って歩き始めたが、すぐに立ち止まって振り向いた。
「そうだ。ここで共闘は一旦切るぜ。気を付けてな」
 ウィリーが左手で剣を抜いて掲げた。俺も剣を抜く。ジェラールも慌てて剣を抜いた。剣を打ち合わせるのは省略して、それぞれすぐに剣を納めた。


「それじゃ、急ごう」
 俺たちはカオカ門まで急ぎ足で戻り、門の向こう側を覗き見ながらそれぞれに武器を抜いた。まだ日は高いが、取り敢えず荷物を確保しなければ落ち着かない。サッコとオロンゾがどこへ逃げたかは知らないが、まさかこの辺をうろついていることはあるまい。連中は剣士二人分の装備をそっくり抱えているのだ。
「とんでもない目に会ったな」
 ルメイがやっと終わったという感じで溜息をついた。
「セネカが引っくり返った時はほんとに焦ったのよ」
 フィアが左手の甲で俺の脇腹を叩いてきた。
「二人とも危ない目に会わせてすまなかった」
 遺跡に入る前に、二人に頭を下げた。ルメイが俺の肩をぽんぽんと叩く。
「山賊を四人も退治できたから、結局は良かったと思う。いつかあいつらに不意打ちされるより余程いい」
 ルメイがそう言うと、フィアも頷いてくれた。


 いくらか手抜きの警戒ではあったが無理もない。
 今日だけでカオカの入口から遠見の丘までの道を三回も往き来しているのだ。途中でモンスターを見かけることも無かったし、山賊にでくわすことも無かった。俺たちは緑の丘を駆け上がり、崩れた東屋に向かった。
 色とりどりの布地で作られた天幕の下に入ると、竈には燃え残りの薪が見えた。ここで昼飯を食ったのが昨日のことのように思われる。すぐに裏手に回って瓦礫の山に取りついた。剣を納め、苔むした石をむしり取るようにしてどかす。
「あった、良かった」
 フィアが自分の背嚢を引き上げて抱きしめ、指先でとんとんと叩いている。ルメイが自分の背嚢と俺の分を取り出してくれた。だが俺は身動きが出来ずにいる。ルメイが荷物を受け取らない俺を覗き込むようにして見ている。その様子が、脳裏の小さな窓に切り取られたかのように見えている。
 瓦礫のひとつに触れた瞬間、目の前が真っ暗になって別の世界に立たされていた。


→つづき

戻る